1. クロミッド通販で体質改善|夫婦で取り組む不妊治療   >  
  2. 不妊治療を続けるために

不妊治療を続けるために

家族の未来

不妊治療を続けていくことは精神的・物理的な負担が続くことでもあります。
先の見えない不安や、夫婦間の気持ちのズレから、だんだんと同じゴールが目指せなくなってしまいます。通院や処置にかかる費用負担も少なくはなく、家計を圧迫し続けることは将来への不安にもつながりかねません。

何よりも重要なのは、パートナーとの緊密なコミュニケーションでお互いの気持ちを理解し合うこと。
女性だけでなく男性も、抱えている不安や不満はあるでしょう。治療を受ける側と寄り添う側、それぞれの立場を分かりあう努力は欠かせません。

また、診察・治療で通院にかける医療費は相当なものです。女性が排卵誘発剤の服用が必要になった場合、医師に「クロミッド」を処方してもらうと自己負担額は1000円/月ほどに収まります。ですが、費用はほかに毎回の診察代金・検査費用・薬剤の追加、通院にかかる交通費なども頭に入れておかなければなりません。

男性不妊の治療薬として「クロミッド」は保険適用外なので、自費で支払う必要があります。3〜6カ月の継続服用が一般的ですが、これでは治療費の負担が大きくなります。
金銭的な負担を減らすには、保険適用の可否、高額療養費制度や自治体ごとの支援制度、医療費控除の仕組みなどをきちんと理解しておくことが大切。
「クロミッド」を通販でお得に入手するのもひとつの方法です。終わりの見えない不妊治療だからこそ、なるべくなら出費は抑えながら続けていきたいですよね。

“子どもを授かりたい”という願いを叶えるためには、精神的・経済的負担を減らしていくことが重要な課題なのです。