1. クロミッド通販で体質改善|夫婦で取り組む不妊治療   >  
  2. 男性不妊にもクロミッド

男性不妊にもクロミッド

男性と薬

女性の不妊治療を進めていく際に、排卵誘発剤として定評のある「クロミッド」。女性ホルモンに働きかけて排卵を促すというのが分かりやすい服用目的ですが、男性不妊の治療にも使用されています。
ホルモンに働きかけることから、“良質な精子をつくる”という成果を求める場合に「クロミッド」は男性の身体にも効果的。精子の形成にはさまざまなホルモンが必要です。女性の不妊検査でも測定するLHやFSHなどは下垂体ホルモンの種類のひとつで、男性にも大きく作用するものです。

LH・・・精巣のライディッヒ細胞に働きかけ、テストステロンを分泌
FSH・・・精細管でセルトリ細胞に働きかけ、精子の形成を促進

精子の活動力や数の不足を改善したい場合には、これらのホルモン数値を高めるために「クロミッド」が処方されます。
テストステロンは精子の形成や成熟に必要な男性ホルモンの一種で、「クロミッド」を服用することで分泌促進を目指します。

服用方法は、

1、50ミリグラム(1錠)を25日間服用、5日の休薬期間を設ける
2、25ミリグラム(0.5錠)を連日服用する

の2パターンが一般的です。継続的に服用し、FSHやLHの数値の変化をみていきます。

男性不妊の原因はさまざま。精子の不足や形成不全のほかにも性交障害や精路通過障害、副性器障害などのさまざまな原因があり、それぞれにあった治療が必要です。男性不妊だからといって、「クロミッド」が有効ではない場合もあります。
まずは夫婦ともに病院で検査を受け、正確な原因をつきとめることが不妊治療のはじまりです。