1. クロミッド通販で体質改善|夫婦で取り組む不妊治療   >  
  2. クロミッドの副作用は

クロミッドの副作用は

薬の長所・短所

排卵誘発剤としては評判の高い「クロミッド」ですが、薬ですから副作用や注意点がいくつかあります。
どういった症状が心配されるのかを事前に把握しておけば安心して服用できますし、ちょっとした変化もすぐに気づくことができます。

まず、女性が服用した場合には、

・頚管粘液の減少
・子宮内膜が薄くなる

といった変化が確認されています。
頚管粘液が減ってしまうと、膣内での精子の運搬がスムーズにいかなかったり性交渉の際に痛みを感じる原因になってしまいます。また、子宮内膜の薄さは着床率の低下につながってしまうので、症状を感じた時にはもちろん定期的な医師への相談が大切です。

「クロミッド」はホルモンの作用を増幅する薬なので、イライラ・倦怠感・頭痛などの生理前と似た症状が出る人もいるようです。
ほかにも、1%ほどの確率ではありますが「卵巣過剰刺激症候群(卵巣の腫れ)」のおそれがあります。
卵胞の発育を促すことから多胎妊娠の可能性があがり、双子を授かる確率が自然妊娠よりも5%ほどあがります。

男性が「クロミッド」を服用した場合には、

・体重の増加
・肝機能障害

といった可能性があります。
男性ホルモンの過剰分泌から思春期に似た状態になり、食欲が増加したり吹き出物ができたりすることも。また、気づかないうちに肝臓機能が低下していたといったことを防ぐためにも、定期的な血液検査が必要。検査はもちろん、気になる変化があった場合にもきちんと病院を受診しましょう。